米Biogen社、アルツハイマー病に対する抗タウ抗体の開発を中止へ

 米Biogen社は2021年6月16日、アルツハイマー病(AD)を対象に臨床開発中の抗タウ蛋白質抗体(一般名:gosuranemab、開発番号:BIIB092)について、第2相臨床試験(TANGO試験、米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT03352557)で主要評価項目を達成できず、同試験を中止したと発表した。gosuranemabの臨床開発を断念する方針であることも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)