がんと特発性肺線維症と拡張障害型心不全に共通する分子は?

間葉系幹細胞(MSC)の新しいマーカーとして同定された分子の、疾患における役割が次々と明らかになってきた。がんの進行制御とともに臓器の線維化抑制に関わることが示されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)