仏Mnemo社、エピジェネティック抗原を標的にCAR-T療法開発へ

 細胞医薬の開発を手掛けるフランスMnemo Therapeutics社は、2021年6月16日、シリーズAラウンドで7500万ユーロ(約99億円)を調達したと発表した。がん特異抗原として機能する、未知のエピジェネティック分子を突き止め、次世代のキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の実用化を目指して本格的に稼働する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)