エーザイ、米BMS社と合計最大30億ドル超の契約締結

 エーザイは2021年6月18日、自社創出した抗体薬物複合体(ADC)のMORAb-202について、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社と共同開発・共同商業化に関するグローバルな戦略提携契約を締結したと発表した。提携に伴い、エーザイは6億5000万米ドル(約700億円)の契約一時金を受領する。また、今後の開発や販売の進捗に応じて最大24億5000万米ドル(約2700億円)のマイルストーンを受け取る契約だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)