米Vertex社、α1-アンチトリプシン欠乏症対象のVX-864を開発中止

 米Vertex Pharmaceuticals社は2021年6月10日、α1-アンチトリプシン欠乏症(AAD)を対象とするVX-864の開発を中止すると発表した。概念実証(POC)を目指した第2相臨床試験で主要評価項目は達成できたが、患者に臨床的な利益をもたらすレベルの効果は望めないことが明らかになったためだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)