米Biogen社、先天性網膜疾患の遺伝子治療が第3相臨床試験で失敗

 米Biogen社は2021年6月14日、コロイデレミアを対象とする遺伝子治療(一般名:timrepigene emparvovec、開発番号:BIIB111/AAV2-REP1)の第3相臨床試験(STAR試験、米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT03496012)が、主要、副次評価項目をいずれも達成しなかったと発表した。現在、詳細解析を行っているとともに、同開発プログラムの今後の方針を検討しているという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)