リプロセル、今後数年は臨床向けiPS細胞作製サービスに注力

 リプロセルは、2021年6月11日、2021年3月期通期の決算説明会を開催した。同社の横山周史(ちかふみ)代表取締役社長は、開発中の他家脂肪由来間葉系幹細胞(MSC)であるステムカイマルの売り上げが本格的に収益に寄与するようになるまでの今後数年間、企業や個人向けの臨床用iPS細胞作製サービスの事業拡大に注力する方針を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)