ソニア、シリーズAで総額約5億3000万円を調達

 集束超音波(High Intensity Focused Ultrasound:HIFU)を利用した新規がん治療機器の開発を目指すスタートアップ、ソニア・セラピューティクス(東京・新宿、佐藤亨代表取締役社長兼CEO)は2021年6月11日、シリーズAとして総額約5億3000万円の資金調達を実施したと発表した。リード投資家はファストトラックイニシアティブ(東京・文京、木村廣道代表取締役)で、同社を含む7つの民間企業と科学技術振興機構(JST)が運用するファンドが第三者割当増資を引き受けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)