ICER、AD治療薬アデュカヌマブの承認に対してFDAを批判

 米国の非営利の医療技術評価機関であるInstitute for Clinical and Economic Review (ICER)は2021年6月7日、米国でのアルツハイマー病(AD)治療薬「Aduhelm」(アデュカヌマブ)の迅速承認に対して声明を発表した。アデュカヌマブは少なくとも一部の患者に害があることが明らかで、有効性は証明されていない薬剤から患者とその家族を保護する責任を米食品医薬品局(FDA)は果たしていないと主張している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)