神奈川歯科大、新型コロナウイルスに対する交差性IgAを未感染者の唾液から検出

 神奈川歯科大学大学院環境病理学分野の槻木恵一(つきのき・けいいち)教授らの研究グループは2021年6月7日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)未感染のヒトの唾液中から、SARS-CoV-2のスパイク蛋白質に交差性を持つIgAを見つけたと発表した。このIgAを保有する人の割合は若年層でより高く、重症化リスクの年齢差にIgAが関わっている可能性も考えられるという。研究成果はプレプリントサーバーのmedRxivで公開されており、現在投稿先で査読とリバイスを受けている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)