Novartis社、IgA腎症対象iptacopan第2相試験で主要評価項目を達成

 スイスNovartis社は2021年6月6日、経口型B因子阻害薬であるiptacopan(LNP023)をIgA腎症患者に適用した第2相試験で主要評価項目を達成、臨床的に意義のある尿蛋白の減少が示され、iptacopanが患者の腎機能の維持に有用であることが示唆されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)