独Bayer社、パーキンソン病に開発中の細胞医薬と遺伝子治療の進捗報告

 ドイツBayer社は2021年6月8日、パーキンソン病(PD)に対して開発中の細胞医薬1品目と遺伝子治療1品目の臨床試験の進捗状況を発表した。2品目はいずれも、同社が2020年12月に新設したCell and Gene Therapy(C&GT)Platformの中核的なパイプラインだ。臨床試験は、同社の子会社C&GT Platformの開発パートナーである米BlueRock Therapeutics社、米Asklepios BioPharmaceutical(AskBio)社がそれぞれ遂行している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)