Heartseed、資金調達でiPS細胞由来心筋球の開発推進や製造法改良へ

 心筋再生医療の実用化を目指すHeartseed(東京・新宿、福田恵一社長)は、2021年6月11日、シリーズCラウンドで、東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)、SBIグループなどを引受先とする第三者割当増資により、総額40億円を調達したと発表した。今回の調達額を合わせると、累積調達額は約82億円になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)