米bluebird社、中断中の鎌状赤血球症の遺伝子治療の臨床試験再開へ

 米bluebird bio社は2021年6月7日、一時中断しているレンチウイルスベクターを用いた遺伝子治療の臨床試験について、米食品医薬品局(FDA)から中断が解除されたと発表した。同社は、同臨床試験の責任者や試験実施施設と連携し、できる限り速やかに試験を再開するとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)