「DNAワクチンは備蓄に向く」と大阪大の森下教授

 大阪大学大学院医学系研究科の森下竜一寄付講座教授は2021年6月9日、日本記者クラブでオンライン会見を実施。アンジェスと共同開発している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のDNAワクチンの開発状況などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)