トキソプラズマ研究からがんの排除機序の一端が明らかに

 トキソプラズマ原虫を排除する免疫機構の一端が明らかとなった。大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授らのグループは、トキソプラズマ症の研究から、病原体に感染した細胞やがん細胞を排除する活性のあるキラーT細胞が活性化される機序を解明した。この機序はヘルパーT細胞にはないもので、異常細胞を直接排除するキラーT細胞だけを活性化させる新たな治療につながると期待される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)