アステラス、国内の法人で早期退職優遇制度を導入

 アステラス製薬は2021年6月3日、同社および国内グループ会社を対象に早期退職優遇制度を導入することを決定したと発表した。対象は、アステラス製薬および国内グループ会社であるアステラスファーマテックとアステラスグリーンサプライの3社。想定対象人員は450人程度で、今後募集を開始し、退職日は12月末となる。業績への影響を「100億円程度を想定している」(同社広報)としており、1人当たり2000万円強の割増金が支払われるもようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)