米Stanford大、ウエアラブルセンサーのデータが臨床検査結果を予測できることを示唆

 米Stanford University医学部の研究者たちは、スマートウオッチのようなウエアラブルセンサによって得られるバイタルサインが、臨床検査の結果を予測し、病気の初期の徴候も検出できる可能性を示した。デバイスから得たデータと臨床検査の結果を比較検討した研究の結果は、Nature Medicine誌電子版に2021年5月24日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)