三洋化成、宮崎県新富町と協力して「ペプチド農業」を推進

 三洋化成工業は2021年6月4日、宮崎県新富町と協力して「ペプチド農業」を推進すると発表した。同社は農作物の生育を早めたり、機能性成分量を増やしたりするペプチドを複数見いだしており、5年後には100億円以上の利益を目指している。医薬品や機能性食品の原料としてペプチドが使われ始めているが、いよいよ農業分野でもペプチドの活用が始まる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)