米Moderna社の新型コロナワクチン、韓国Samsung社が製造受託

 米Moderna社と韓国Samsung Biologics社は、2021年5月22日、Moderna社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチン(開発番号:mRNA-1273)の米国以外での製造・供給を、Samsung社が受託する契約を締結したと発表した。ワクチン接種を急ぐ世界情勢を踏まえ、医薬品開発製造受託機関(CDMO)であるSamsung社の厳格な製造・供給体制を活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)