米Akili社、ADHDデジタル治療アプリの普及や開発へ資金調達

 米Akili Interactive Labs社は、2021年5月26日、シリーズDラウンドなどで総額1億6000万ドル(約175億円)を調達したと発表した。注意欠陥多動性障害(ADHD)に対する世界初のデジタル治療処方アプリとして2020年6月に米食品医薬品局(FDA)の承認を取得した「EndeavorRx」の販売促進、さらには認知改善を実現する新たな処方用デジタル治療(PDT)の開発に向け資金を活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)