Sanofi社とGSK社、COVID-19ワクチン候補の第2相で強力な免疫誘導を確認

 フランスSanofi社と英GlaxoSmithKline(GSK)社は2021年5月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するアジュバントを添加した組換えワクチン候補に関する第2相臨床試験の中間解析で、全ての年齢の成人に対する中和抗体の誘導が確認されたと発表した。対象者には、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染歴のある人も含まれており、それらの集団には単回接種で高いブースト効果が見られたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)