阪大、新型コロナウイルスの感染増強抗体を発見

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者で、新型コロナウイルス(SARS-CoV2)の宿主細胞への感染を増強する抗体が産生されることが分かった。大阪大学微⽣物病研究所の荒瀬尚教授らの研究グループが2021年5月24日に明らかにしたもので、症状の重症化と関連している可能性もあるという。抗体により感染増強が起きる抗体依存性感染増強(ADE)は、Fc受容体を介したものが知られていたが、それとは異なる新規のメカニズムになる。研究成果は近日中に米Cell誌のオンライン版に掲載される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)