独CureVac社と英GSK社、新型コロナの第2世代mRNAワクチンは変異株にも有効

 ドイツCureVac社は2021年5月13日、英GlaxoSmithKline(GSK)社と共同開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するmRNAワクチン(開発番号:CV2CoV)について、ラットモデルにおける免疫賦活作用を発表した。同定されている複数の変異株を含めた広域中和活性を有することを確認した。研究成果は、同日の生命科学分野のプレプリントサーバーbioRχivに掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)