CiRA金子氏ら、他家のがん免疫療法向けにユニバーサルなiPS細胞を開発

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)増殖分化機構研究部門の金子新教授、王博研究員らの研究グループは、ゲノム編集により他家(同種)iPS細胞の複数の遺伝子を改変し、拒絶反応が起こりにくいユニバーサルなiPS細胞を作製し、それをT細胞に分化誘導することで、他家iPS細胞由来T細胞を用いたがん免疫療法に活用できることを明らかにした。これまで知られていた複数の遺伝子改変に加え、NK細胞の制御に関連するPVR遺伝子をノックアウトすることで、NK細胞の攻撃からより一層逃れやすいことを確認した。研究成果は、2021年5月18日、英Nature Biomedical Engineering誌オンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)