ジーンテクノサイエンス、バイオ後続品の収益拡大で「黒字化は射程圏内」

 ジーンテクノサイエンス(2021年7月から「キッズウェル・バイオ」に社名変更)は、2021年3月期通期の決算説明会を2021年5月14日に開催。同社の谷匡治(たに・まさはる)社長は、2022年3月期の業績予想から一時的な変動要因を除いた数値を提示した上で、「黒字化は射程圏内だ」と説明し、2023年3月期に黒字化を達成すると強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)