エーザイと国がん、PDX活用して希少がんや難治性がんの治療薬を開発へ

 エーザイと国立がん研究センター(NCC)は、2021年5月14日、NCCが構築中の日本人がん患者由来移植片(Patient-derived xenograft:PDX)ライブラリーを用いて、希少がんや難治性がんの治療薬開発を進めるプロジェクトを開始したと発表した。PDXライブラリーを使って、エーザイの抗がん薬候補品のスクリーニングを実施し、早ければ2023年度にも医師主導治験を実施したい考えだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)