ちとせグループ、藻類活用企業連携「MATSURI」を20機関で始動

 バイオベンチャー企業群であるちとせグループ(統括するCHITOSE BIO EVOLUTION PTE. LTD.の本社はシンガポール)は2021年5月13日、微細藻類(以降、藻類と記載)を活用した日本発の企業連携型プロジェクト「MATSURI」を9業種20機関と共に2021年4月から始動したと発表した。今後、光合成を活用した独立栄養方式の藻類生産を通じてカーボンニュートラルの実現を推進すると共に、パートナー企業間で連携して事業開発を行い、燃料をはじめプラスチックや食品、化粧品などの藻類製品を社会に普及させる、としている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)