日本化薬、2021年3月期は医薬事業が増収増益、バイオシミラー好調で

 日本化薬は2021年5月12日、2021年3月期通期業績に関する説明会を開催した。売上高は1734億円(前年同期比1.0%減)、営業利益は152億円(同13.1%減)で減収減益となった。医薬事業セグメントは、COVID-19の感染拡大に伴い販売関連費用が減少した他、医療費削減圧力の高まりを受けてバイオシミラーが伸び、売上高が504億円(同5.6%増)、営業利益が74億円(同13.2%増)と堅調だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)