J-TECが中計発表、2023年度に黒字化、2025年度に売上高50億円目指す

 再生医療関連の事業を手掛けるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は2021年5月11日、2020年度決算および中期経営計画説明会を開催した。中期経営計画では2024年3月期に黒字化を実現し、5年後の2026年3月期に売上高50億円以上、営業利益率10%超を達成する目標を掲げた。畠賢一郎社長は「再生医療の事業モデルを確立する」と述べ、現在開発中のパイプラインに5年間で総額25億円を集中的に投じるなどの戦略を通じて、成長を実現する考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)