キッセイ薬品、べオーバ好調で2021年3月期は増収、今期は赤字見込む

 キッセイ薬品工業は2021年5月11日、2021年3月期の通期決算を発表した。売上高は690億円(前年同期比9.2%増)、営業利益は15億円(同19.0%減)で、増収減益となった。過活動膀胱治療薬「べオーバ」(ビベグロン)や腎性貧血治療薬ダルベポエチンアルファのバイオシミラーが大きく伸びたが、原価率上昇により利益が減少した。2022年3月期は薬価改定の影響による減収、売上原価率の上昇などによる営業損失の計上を見込む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)