帝人、子会社化したJ-TECは他家細胞や遺伝子導入細胞の製造受託も視野

 帝人は2021年5月11日、2021年3月期通期の決算説明会を開催。株式公開買い付け(TOB)で子会社化したジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)について、将来的にCDMO事業で、他家細胞や遺伝子導入細胞の製造を受託することを視野に入れていると明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)