新型コロナワクチンの特許権、一時的な放棄支持の米国に業界団体が相次いで反対

 世界貿易機関(WTO)で論議されている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの特許権の放棄について、2021年5月5日、米政府が一時的な放棄を支持する立場を表明し、波紋が広がっている。日米欧の製薬・バイオ業界の団体は、2021年5月5日以降、米政府の立場に反対する声明を相次いで発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)