筑波大発のS’UIMIN、睡眠脳波計をIoT化して即日のモニタリングも可能に

 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS:トリプルアイエス)の柳沢正史教授が会長を務めるS’UIMIN(東京・渋谷、藤原正明社長)は、自宅で測定した睡眠脳波を起床後すぐに確認できる新たな睡眠脳波測定デバイスを開発。企業や研究機関向けだけでなく、医療機関の人間ドック向けサービスに提供を開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)