栄研化学、新型コロナ検査試薬の需要は2022年3月期も継続見込む

 栄研化学は2021年4月28日、2021年3月期の決算を発表した。それによると2021年3月期の売上高は前年同期よりも5.7%増の3867億円、営業利益は同43.0%増の661億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同42.5%増の504億円だった。2021年3月期は対前年同期比、対予算比とも増収増益で、特に利益に関しては営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益のいずれも2桁の増加となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)