米Monopteros社、腫瘍関連Tregを再プログラム化するMALT1阻害薬の第1相を開始

 2019年に創業したバイオベンチャーの米Monopteros Therapeutics社は、2021年4月22日、同社初の臨床開発品である粘膜関連リンパ組織リンパ腫転座蛋白質1(MALT1:mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma translocation protein 1)阻害薬(開発番号:MPT-0118)の第1/1b相臨床試験(米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT04859777)を開始したと発表した。1例目の固形がん患者にMPT-0118の錠剤を経口投与した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)