JSR、2021年度にライフサイエンス事業の売上収益21%増を目指す

 JSRは2021年4月26日に2021年3月期(2020年度)の決算を発表した。コア営業利益はデジタルソリューション事業の好調や、エラストマー事業と合成樹脂事業という石化系事業の需要回復により、2020年10月に公表した195億円を大きく上回る260億円となった。ただし、エラストマー事業で約800億円を減損損失を計上するなど事業構造改革費用として874億円を計上した結果、営業利益は616億円の赤字になった。親会社の所有者に帰属する当期利益も552億円と大幅な赤字となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)