BNCT向け医薬品開発のステラファーマが上場、時価総額は約237億円

 ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)向けのホウ素医薬品を開発・販売するステラファーマが、2021年4月22日、東証マザーズに上場した。初値は公開価格の460円を55%上回る712円を付けた。終値は862円となり、上場初日の終値ベースの時価総額は約237億円となった。2021年のバイオベンチャーの上場は初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)