政府、ワクチン開発拠点の国内整備に向けて2021年夏に結論、2022年度予算要求へ

 政府は国内にワクチンの開発拠点を整備するための検討を進める。井上信治健康・医療戦略担当大臣は2021年4月20日、閣議後の記者会見で「日本におけるワクチンの研究開発拠点整備に向けて、抜本的に推進するための議論を医薬品開発協議会で進め、夏をめどに結論を得たい」と語った。国内の既存研究組織の強化やネットワーク化により、迅速な開発に結びつけるための体制づくりを進める。政府関係者によると、拠点整備の方向性を踏まえて2022年度予算要求に盛り込む方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)