厚労省第二部会、JAK阻害薬オルミエントをCOVID-19肺炎向けに承認へ

 厚生労働省は2021年4月21日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催した。部会では、日本イーライリリーが申請していたヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬「オルミエント錠」(バリシチニブ)のSARS-CoV-2による肺炎に対する効能・効果の追加について審議し、承認して差し支えないとの結論が得られた。厚労省医薬品審査管理課は「時期は言えないが、迅速に対応を進める」としており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する3つ目の医薬品として近く国内で承認されることになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)