サイアス、他家iPS細胞由来T細胞療法の開発に重点、2022年度にも治験へ

 がんを対象にiPS細胞由来T細胞療法を開発するサイアス(京都市左京区)は、従来から開発を進めていた自家iPS細胞由来T細胞療法に加え、他家iPS細胞由来T細胞療法の開発に乗り出す。重点的に開発を進め、2022年度後半にも国内で、固形がんを対象とした他家iPS細胞由来T細胞療法の治験を開始する計画だ。2021年4月16日、同社取締役で創業科学者である京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の金子新(かねこ・しん)教授、等泰道(ひとし・やすみち)代表取締役(CEO/CTO)、五ノ坪良輔(ごのつぼ・りょうすけ)代表取締役(COO/CFO)、大澤光次郎・細胞製造部部長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)