米HMS発のTectonic社、GPCR標的薬の開発へ約87億円を調達

 米Harvard Medical School(HMS)の膜蛋白質や免疫学の研究者が2019年に創設した米Tectonic Therapeutic社は、2021年4月15日、シリーズAラウンドで8000万ドル(約87億円)を調達したと発表した。G蛋白質共役型受容体(GPCR)を介するシグナル伝達を修飾する生物学的製剤の研究開発を手掛ける同社は、独自の基盤技術「GEODe」を用いたこれまでにないGPCR標的薬の開発に調達資金を活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)