Sanofi社、固形がんに対する組換えヒトIL-2製剤の第1/2相で副作用回避

 フランスSanofi社は2021年4月9日、IL-2受容体α鎖(IL-2Rα、CD25)と相互作用しない組換えヒトIL-2製剤(開発番号:THOR-707、SAR444245)の第1/2相臨床試験の中間解析データを発表した。IL-2Rは、α鎖・β鎖・γ鎖から構成される3量体として発現するが、THOR-707は、そのうちのα鎖と結合しないように設計されており、IL-2Rα介在性の副作用を引き起こさないことが初めてヒトで確認された。同時に、抗腫瘍効果も示唆された。同中間解析データは、2021年4月10日、米国がん学会(AACR)で最新データを追加してポスター発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)