ロート製薬、キノロンをコロナ治療薬として国内ベンチャーから導入

 ロート製薬は2021年4月14日、新型コロナウイルス感染症治療薬の候補化合物に関してバイオミメティクスシンパシーズ(東京・江東、漆畑直樹社長)とライセンス契約を締結したと発表した。キノロン系の化合物で、ウイルスが細胞に侵入する際に使われるACE2とTMPRSS2の遺伝子発現を抑制する効果があるという。ロート製薬は開発に向けて検討を進める。また両社は今後の再生医療研究で得られる様々な疾患の創薬ターゲットを製薬企業に紹介していくため、新組織RB+(プラス)を同日に立ち上げ、開発に向けたプラットフォームにする考えも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)