Novartis社、英Artios社とDNA損傷応答に作用する放射性リガンド療法開発へ

 スイスNovartis社は2021年4月7日、DNA損傷応答(DDR)経路を標的としたがんの合成致死薬を開発している英Artios Pharma社と共同開発契約を締結したと発表した。Artios社が保有するDDR標的分子同定の基盤技術をNovartis社の放射性リガンド療法(RLT)の開発に適用する方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)