ネクスジェン、菌種同定や抗菌薬選択を支援するプログラム医療機器を開発

 「1~2年後にプログラム医療機器として世に出していきたい」──。長期造血幹細胞の研究開発を進めるネクスジェン(神戸市中央区)の中島正和代表取締役CEOは、同社が現在開発を進めている感染症診療に関わるプログラム医療機器の事業について、今後の見通しを語った。2021年4月2日、日経バイオテクの取材に応じた中島CEOが明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)