米Invitae社がゲノム医療の開発へ資金調達、ソフトバンク系が投資

 医療現場での日常的な遺伝情報活用を目指した技術開発を手掛ける米Invitae社は2021年4月5日、ソフトバンクグループ子会社のSoftBank Management社が率いる投資家グループから、転換社債の形で11億5000万ドル(約1258億円超)を調達すると発表した。成長戦略の実現に向けて活用するとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)