米Scholar Rock社、脊髄性筋萎縮症に対するapitegromabの第2相で好結果

 米Scholar Rock社は2021年4月6日、2型と3型の脊髄性筋萎縮症(SMA)の患者を対象にしたapitegromab(SRK-015)の第2相臨床試験TOPAZにおいて、投与後12カ月時点の評価で好ましい結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)