米連邦取引委員会、米Illumina社の米GRAIL社買収に「待った」

 米連邦取引委員会(FTC)は、2021年3月30日、米Illumina社による米GRAIL社の買収提案について、ワシントン州の連邦裁判所に仮差し止め命令を求める訴訟を起こした。FTCは同日、次世代シーケンサー(NGS)など遺伝子解析装置を提供する世界最大手のIllumina社が、がんリキッドバイオプシーを開発するGRAIL社を買収する計画は、多種のがんの早期検出(MCED:Multi-Cancer Early Detection)検査の技術革新を妨げる可能性があるとする声明を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)