伊研究者、悪玉のmiRNAを減らし乳がんのがん幹細胞を脆弱化

 イタリアIstituto Italiano di Technologia(IIT)の研究チームは、乳がんの増殖に重要な役割を果たし、治療後に再発を引き起こすがん幹細胞の集団について、その存続に寄与する一対のmicroRNA(miRNA)を同定したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)